きねかけ祭り

婚礼を模したユニークな儀式で五穀豊穣、平和を祈願

IMG_1665.JPG

国選択無形民俗文化財に指定される江迎町の代表的な祭りの一つです。祭りを主宰する施主(せし)宅の夫妻が婚礼衣装を身にまとい、神官と仲人役の前で三三九度の盃を交わし、里芋の煮物や米の粉でつくった餅を食べ、その間に道化役が冷やかしたりふざけたりしながら座を盛り上げるという、ユーモアあふれる伝統行事です。五穀豊穣と家内融和を願うもので、地元の白岳神社(執行輝次宮司)の例大祭に合わせ毎年行われています。

開催日時:10月28日

開催場所:長崎県佐世保市江迎町中尾地域