肥前えむかえ繭玉まつり

江迎に春を告げる愛らしい繭玉飾り。制作体験もできます。

mayudama1.jpg

江迎商店街の店先に愛らしいたくさんの繭玉で彩られた柳の枝や竹ひごが並ぶ、春の恒例行事です。

「繭玉」とは本来、柳などの枝に繭の形に丸めた餅や団子をたくさんつける、小正月の飾り物のこと。かつては豊作を祈念する縁起物として飾られていました。枝に餅や団子ではなく「木目込み毬」をつけるのが江迎流。期間中は5ヶ所で繭玉づくり体験ができます。糊などの接着剤は使わず、布を発泡スチロールの切れ目にギュギュッと押し込んでいくだけなので、お子さんでも簡単に作れます。

期間中はそば打ち体験や、白魚踊り食い大会などのイベントも開催。商店街には食事処や休憩場所もあり、春の一日、ゆっくり街散策を楽しめます。

開催日時:3月初旬〜4月初旬

開催場所:長崎県佐世保市江迎町商店街通り

繭玉づくり体験会場(店舗):「匠工房」「中村呉服店」「花てまり」「松居でんき」(50音順)

webサイト:https://www.facebook.com/emukae.mayudama/