潜龍酒造酒蔵開き

春と秋2回の蔵開きで、季節を感じつつ伝統の美酒を堪能

潜龍酒造蔵開き.JPG

創業は元禄元年。潜龍酒造は令和3年で333年を迎える歴史ある酒蔵です。昔ながらの時間と手間、そして変わらぬ愛情を注いで酒造りを行っています。蔵開きでは、長崎県指定有形文化財に指定されている「もと蔵」や県指定史跡の「本陣屋敷」の無料開放も魅力の一つ。蔵開き限定酒を各種販売し、利き酒、樽酒やにごり酒のふるまいなど、イベントも盛りだくさん。「日本酒」造りは、季節と共にあり、その楽しみ方もまた季節と共にあります。春の陣では、濾過・加熱前の搾りたて生原酒を販売。秋の陣では、熟成が進み美味しさに深みが増した限定酒を披露し、10月らしい菊酒の振る舞いも。

開催日時:春の陣4月/秋の陣10月(年2回開催)

開催場所:長崎県佐世保市江迎町長坂209番地

お問い合わせ先:0956-65-2209

webサイト:https://www.senryuu.jp/